LINK

処分をする車の売却額査定ポイントとして焦点を当てられるもののひとつに走行距離などがあげれられます。

一般的に走行距離は車の寿命と考えられることもありますので、走行距離というのは長いとそれだけ、見積もりでは減点材料になるでしょう。

通常は走行距離はより短い方が自動車の査定額は上がりますが本当のところ詳しい判断基準は存在しなく定められた線を引いて査定額が決まります。

このことは現実に車を買い取り業者に売買をする際も重要視される売却額査定の要点です。

例えば、普通車では年間走行距離1万kmが基準として10000km以上走っているとマイナス査定になるなどです。

軽自動車の場合年間走行距離が8000kmがまた年式が古い割に距離がとても短いケースでも、見積額が上がるというわけでもありません。

実際やってみたらよく分かりますが車は適時乗ることによっても車両のコンディションを保ちますから短い走行距離の自動車ですと破損が起きやすいとみなされることもあるでしょう。

こういったことは自動車の査定に関しても一緒です。

普通は年式・走行距離での売却額査定の要点は年式と比べて適した走行距離であるかということです。

またその自動車の年式というのも中古車売却額査定の大きな注意点のひとつです。

きっちりと分かっているんだというような人も多いだと思いますが、年式が新しい方が査定では高評価が出やすいのですが例外としてそのシリーズにプレミアが付いている車種は古い年式であっても高値で査定額が出されるケースがあります。

同じ種類で同様の年式であったとしてもちょうどその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされている車は、当然、それぞれのブランドによって買取額は異なります。

全く同じ車を手放す金額というような場合でも色々な要因で算出される金額は変わってきます。