LINK

よくカードの限度額がご自身がよく払うより多く決められていると人は余裕があると勘違いして、考えずにクレカで決済してしまったりするようですね。

そういったクレジットカードへの過度の依存を軽減する意味でも決済できる最高額をできれば少なくコントロールしておこうというのが、これから申し上げる記事のメインとなります。

限度額を減らす方法▲クレジットカードの上限額を引き下げるとは限度額を上げる方法と同様いたってシンプルです。

お手元のカードのサインのある面にプリントされている専用窓口に問い合わせて、「月の利用限度額を減らしてほしい」とセンターの人に指示するだけです。

おおむね現状の月の限度額に比べて下であれば、調査なしでスムーズに申請ができてしまいます。

月ごとの限度額を少なくするのはお金を守ることとも結びついている▼クレカの上限をセーブしておくことは自己統制というような良いことはもちろん自分を守ることとも関連が深いものです。

もしも、あなたのクレジットカードが盗られて悪用されるとしても前もって契約カードの限度額をきつく設定していれば害を可能な限り減らすことができるためです。

強調しておきたいのは偽造された問題が発生しても保有者に意図的と言えるような問題と思えるものがなければ盗難保険等で呼ばれる保険が使用者をサポートしてくれることになるから心配はないけれど、万が一のことを考え普段必要ないような利用限度額はセーブしておくのも手です。

使うことのない余裕はデメリットにすぎません。