ある夏の日の事、私がテレビで釣り番組を見ていました。スキンケア

番組ではイカ釣りをしていたのですが、 それがあまりにも楽しそうだったので、自分も週末にイカ釣りに行こうと思ったのです。女性の間で酵素ダイエットが広まっている

そしてネットでイカ釣りの情報を検索し、釣り場は三重県の鳥羽市に行くことにしました。家庭用脱毛器 オススメ2017

そしてイカ釣り当日、車で数時間かけて目的地の港に到着、予約しておいた船に乗って沖へ出ました。泉忠司 詐欺

ポイントへ到着し、仕掛けを準備します。ロスミンローヤル

今回はイカ釣りなので疑似餌を使い釣ります。スキンケア

疑似餌というと、ルアーが思い浮かびますよね、イカ釣りの場合もそういった疑似餌を使用します。凛蓮珠

準備が出来たので、早速仕掛けを投入してイカのいる深さまで疑似餌を落としていきます。ビーグレン

そしてその深さまで着いたら、今度はしゃくりながら釣っていきます。美容

しゃくっている間に何が重いなと感じる瞬間があるのですが、それがイカのアタリの反応です。健康食品

何度かしゃくっていると、釣り糸が張っているはずのところで緩んだりするのもイカのアタリの特徴です。

さらにゆっくりしゃくっていくと、どんどん重くなっていきますが、それはイカが沢山仕掛けにくっついてきた証拠です。

そしてリールを巻いていくのですが、電動リールを使用していたので、ワンタッチで巻いていってくれて楽でした。

ある地点まで巻き上げると、音が鳴って自動巻き取りは終わり、そこからは自分で巻いていきます。

そして巻き上げたところで、仕掛けの方を見てみると、イカが5杯も釣れていました。

一回でここまで釣れると嬉しいですよね。

それから、仕掛けを投入するたびに何杯も釣れるので、笑いが止まらなくなっていたのを覚えています。

調子に乗って釣り続けていると、となりの人と釣り糸が絡まってしまい、迷惑をかけてしまった事もありました。

そんなこんなで約数時間、釣果はおそらく100杯以上だったと思います。

ここまで釣れると楽しいですよね、このイカ釣りの体験が、私をさらに釣り好きにしてしまいました。

機会があれば、今度は誰か知り合いと一緒にイカ釣りに行きたいですね。

私がイカ釣りに行った時のお話でした。